ローマの必見ランドマーク

ローマは、初めて訪れる方にとっても必見の場所です。ユネスコの世界遺産にも登録されているイタリアの首都は、歴史に満ちあふれています。ローマは、世界遺産にも登録されています。

ローマは 必見 イタリアの首都は、初めて訪れる方でも安心。ユネスコの世界遺産にも登録されているイタリアの首都は、歴史に満ちあふれています。建物は美しく、通りは噴水や彫像で飾られています。機会があれば、ぜひこの街を訪れてみてください。この大都市を探検するために、世界中から観光客がやってきます。そこに行くことは、あなたの人生のハイライトのひとつになるでしょう。ローマには、歴史的な場所や著名な場所がたくさんあります。これらの場所を探索することで、この街の歴史についてより深く理解することができます。

ローマには、大胆なものから文化的なものまで、さまざまなアクティビティが用意されています。

  1. ローマ・フォーラムを探索し コロシアム.歴史ファンにとっては、これらの古い遺跡を見ることは必須である。
  1. トラステヴェレ地区は、曲がりくねった小道、鮮やかなペイントの家々、エキサイティングなナイトライフ、そして街で最も美味しい料理で知られる素敵な地区です。
  2. テベレ川沿いを散策したり、サイクリングしたり。バチカン市国やサンタンジェロ城など、ローマを代表する名所の数々も、このツアーに参加すれば素敵に見ることができるかもしれません。
  3. ローマで食欲をそそる料理を味わってください。ピッツァ、パスタ、ジェラートなど、ぜひ試してみたい料理がたくさんあります。
  4. バロック様式の建物や噴水、広場など、市街地の見どころをご紹介します。
  5. 寺院や修道院に行く。街の周辺には、有名なものがいくつもあります。

トップ・ロマン 次回の訪問のために

ローマには印象的な観光地がたくさんありますね。ローマで最も人気のある観光地には、以下のようなものがあります。

  • コロッセオ 
  • パンテオン 
  • トレビの泉
  • サンピエトロ大聖堂
  • ローマン・フォーラム
  • バチカン美術館
  • システィーナ礼拝堂
  • ナヴォーナ広場 
  • スペイン広場とスペイン階段
  • ポポロ広場
  • カンピドーリオ
  • 祖国の祭壇
  • 真実の口
  • ミケランジェロのモーゼ

コロッセオ

コロッセオは、世界で最も有名なランドマークの一つです。また、古代世界の七不思議の一つでもある。コロッセオは、観光客なら誰でも訪れる価値のある場所です。ローマの歴史地区の中心に位置する古代ローマの円形闘技場です。

コロッセオは紀元70年から72年にかけて建設された。ローマの人々を感動させるために作られ、皇帝ヴェスパシアヌスが敵に勝利した際の祝宴にも使用された。5万人の観客を収容することができ、当時としては最大の円形劇場であった。時の試練に耐え、ローマで最も注目される建築物のひとつです。 

コロッセオはローマの中心部にあるため、ローマ市内のほとんどの場所から徒歩で行くことができます。また、コロッセオは地下鉄の駅にも近く、便利な立地です。コロッセオ」駅で地下鉄に乗り換え、すぐ目の前にある「コロッセオ」駅で下車してください。

今日、コロッセオはユネスコ世界遺産に登録され、毎日8000人が訪れています。このため、コロッセオを訪れるなら、事前にチケットを購入し、さらに、スキップ・ザ・ライン・チケットを購入する必要があります。事前にチケットを買っておかないと、長い間行列に並ぶことになるかもしれない。

ローマ・フォーラム

ローマの旧市街には、フォロ・ロマーノと呼ばれる大きな長方形の広場があります。この広場は、古代ローマの政治、教会、商業の中心地であった。紀元前8世紀に最初のフォロ・ロマーノが建設されたが、やがて他の建物がその役割を果たした。

フォロロマーノは、コロッセオからほど近いローマの中心部に位置し、印象的な神殿や政府機関、活気ある市場などが立ち並ぶ地域であった。コロッセオからほど近いローマの中心部に位置し、演説や議会、宗教儀式が行われた。

ローマ市内の遺跡は、古代ローマ人の暮らしぶりを知ることができます。古代ローマの政治と商業の中心地であり、現在は廃墟となっているフォロ・ロマーノや、かつて皇居があったパラティーノの丘などを訪れてみてはいかがでしょうか。

観光客は、フォロ・ロマーノにあるサトゥルヌス神殿、ユリウス・カエサル神殿、ローマ元老院、セプティミウス・セウェルスのアーチを訪れることができます。この4つのモニュメントはいずれも歴史に彩られ、観光客にローマ文化の窓を提供しています。

フォーラムとコロッセオの長蛇の列を避けるには、事前にチケットを購入することです。両方のアトラクションを訪れる予定がある場合は、両方に有効なコンボ・チケットを購入することができます。

パンテオン

パンテオンはローマで最も重要な建物のひとつで、紀元125年から128年頃に建てられて以来、ずっとそこにあります。現在では、世界で最も保存状態のよいローマ時代の建築物となっています。

パンテオンは、その美しいドームで有名です。1461年にフィレンツェのドゥオーモにドームを建設するまで世界最大のドームであり、今日まで世界最大の無筋コンクリートドームである。王冠は直径43mのコンクリートタイルでできています。 

パンテオンはもともと、ローマの神々を祀る神殿として建てられました。4世紀、パンテオンはキリスト教の教会に改築され、そのため今日までそのままの形で存続しています。現在も教会として使用されています。パンテオンの内部には、イタリアの2人の王の墓や、有名な画家ラファエロの墓があります。 

パンテオンは無料で見学できますが、入り口に長蛇の列ができるため、朝早く到着するようにしましょう。 

トレビの泉

トレヴィの泉

パンテオンから少し離れたところにトレビの泉があります。この噴水には、観光客が頻繁に小銭を投げ入れ、親しまれている。肩越しに泉にコインを投げ入れると、ローマに帰れるという噂があるそうだ。

ピエトロ・ブラッチ は、ニコラ・サルヴィの後、1762年にトレビの泉を完成させた。.ローマで最初に作られた水道橋のひとつであるアクア・ヴィルゴは、この噴水の水源である。この美しいランドマークは、何度も改修されながら、作者によって水道橋から水が供給されている。

1960年のフェデリコ・フェリーニ監督の映画『甘い生活』の中で、女優のアニタ・エクバーグがトレビの泉に入るシーンがあり、それがきっかけで有名になりました。現在、噴水で泳ぐことは固く禁じられており、罰則も厳しい。

サンピエトロ大聖堂

世界最小の国、バチカン市国には、サンピエトロ寺院がある。ローマのテヴェレ川の左岸に、バチカン市国がある。

ベルニーニ自身が設計した教会で、サンピエトロ広場にある。

サンピエトロ寺院に入るには、金属探知機によるセキュリティチェックを受けなければなりません。かなり長い行列ができることもあるので、覚悟しておきましょう。肩や膝も隠れるような服装で。

世界最大級の教会であり、観光名所でもある。4世紀にコンスタンティヌス帝が建立し、その後、歴代の教皇が再建した。現在のバシリカは、1506年4月に着工し、1626年11月に完成した。現在のものを作った画家の一人がミケランジェロである。聖ペテロの墓は、バシリカに収められているいくつかの重要な宗教的遺物の一つである。

サン・ピエトロ大聖堂のドームは、その最も特徴的な姿のひとつです。このドームは非常に巨大で、ローマの中心部であれば、ほぼどこからでも見ることができます。

サンピエトロ寺院の立地も魅力のひとつです。かつてサンピエトロの墓があった場所に建てられたことから、キリスト教における最も神聖な場所のひとつとされています。

また、サン・ピエトロ大聖堂は、そのデザインと芸術作品でもよく知られています。ベルニーニの祭壇をはじめ、最も精巧な作品が内部の装飾に使われています。

サン・ピエトロ大聖堂を訪れるなら、ミケランジェロの「ピエタ」は必見です。聖母マリアが亡くなった息子イエスを抱いている、見事な大理石の彫刻です。

バチカン美術館

バチカン美術館は、世界で最も有名な美術館のひとつです。バチカン市国にあるこの美術館には、芸術作品、彫刻、歴史的な品々など、素晴らしいコレクションが収蔵されています。16世紀初頭、教皇ユリウス2世が美術館を設立し、1771年に初めて一般公開されました。この素晴らしい場所への訪問者は、年間670万人にのぼります。チケット売り場での長蛇の列を避けるため、事前のチケット購入が不可欠です。

これらの美術館が有名なのには、それなりの理由がある。最も貴重な美術品のいくつかが、そこに広く分布しているのです。ローマ像の膨大なコレクション、地図ギャラリー、タペストリーの展示は特筆すべきハイライトです。

システィーナ礼拝堂

システィーナ礼拝堂は、15世紀に建てられ、バチカン市国にある。その名前は、この礼拝堂の建設を依頼したローマ教皇シクストゥス4世に敬意を表して付けられた。

ミケランジェロによるフレスコ画で有名な礼拝堂。天井の真ん中には、聖書のイメージを描いた絵が壁一面に描かれています。最もよく知られているのは、中央に描かれたアダムの創造です。

また、礼拝堂の壁には、ミケランジェロが晩年に描いた「最後の審判」をはじめとするフレスコ画が描かれています。この絵は、壁面のほぼ全体を覆っており、世界で最も有名な芸術作品の一つです。何世紀にもわたって批評家や美術愛好家たちは、ルネッサンス期の天井画を賞賛してきた。 

システィーナ礼拝堂の内部は撮影禁止ですので、ご注意ください。 

バチカン美術館やシスティーナ礼拝堂を手早く見て回るには半日かかりますので、ローマ旅行の際にはご注意ください。

ナヴォーナ広場

ローマで最も有名な観光地のひとつが、ナヴォーナ広場である。この広場の楕円形は、ドミティアヌスの競技場跡地に建設されたことに由来する。

広場には、バロック様式の教会や噴水、大道芸人などが数多く見られる。四大河の泉」「ムーアの泉」「ネプチューンの泉」は、この広場の三大噴水として知られている。

四大河の泉(Fontana dei Quattro Fiumi)は、ナヴォーナ広場で最もよく知られた噴水である。

観光客も地元の人も、ナヴォーナ広場に集まることを好みます。素晴らしいカフェやレストラン、ショップがその周りを取り囲んでいます。広場の中心にある噴水は必見です。

スペイン広場とスペイン階段

トリニタ・デイ・モンティ教会のすぐ下にはスペイン広場があり、そこには有名なスペイン階段があります。スペイン広場は、かつてバチカンのスペイン大使館があったスペイン宮にちなんで名づけられた。

スペイン階段は、スペイン広場とトリニタ・デイ・モンティ教会を結ぶ135段の階段で、その美しさは群を抜いている。

フランチェスコ・デ・サンクティスは、1723年から1726年にかけてスペイン階段を建設した。スペイン広場の最下部には、かつて深い井戸があった。スペイン階段の下には、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの息子ピエトロが設計した「バルカッチャの噴水」がある。ローマの他の噴水と同様に、この噴水も飲料水を供給している。

19世紀初頭のローマ、スペイン広場は、特に若い知識人やクリエーターたちの間で人気のある出会いの場でした。隣接するカフェ・グレコには、ジョアッキーノ・ロッシーニ、バイロン卿、リヒャルト・ワーグナーなど、多くの人々が出入りしていた。

このエリアは、ローマで最も人気のあるショッピングスポットのひとつとなっています。ここには、世界の高級ブランドや一流ブランドの旗艦店が軒を連ねています。

ポポロ広場

ローマのポポロ広場は、有名な観光地です。16世紀に建設され、さまざまな用途に使われていました。現在では、その豪華な建造物やモニュメントにより、地元の人々や観光客に人気の場所となっています。近隣の美しい建造物には、サンタ マリア デル ポポロ教会があります。この教会では、素晴らしい芸術作品を見ることができます。実際に、カラヴァッジョの絵が2枚と、ベルニーニが設計したチギの墓があります。天使と悪魔」の全シーンがここで撮影されたので、ファンの方はぜひご覧ください。

ローマに数多くあるエジプトのオベリスクのひとつが、広場の中央にある。

さらに、以下を検討している方は気軽にご覧ください。 フィレンツェ旅行.

カンピドーリオ

ローマが築かれた7つの丘のひとつがカンピドリオ。古代ローマでは、ここにジュピター神殿があった。ユピテルはローマの神々のパンテオンの家長である。現在では、ミケランジェロの描いたオリジナルの広場に感嘆することができます。マルクス・アウレリウスが馬にまたがった姿は、広場のシンボルとなっています。ローマ市庁舎は、この広場の周辺にある建物の中にある。

カンピドーリオからも、フォロ・ロマーノの素晴らしいパノラマを見ることができます。

祖国の祭壇

1911年に献堂された、真っ白で巨大なモニュメント。中央には初代イタリア国王であるヴィットリオ・エマヌエーレ2世の銅像がある。また、第一次世界大戦後、無名戦士の墓がここに建てられ、現在は記念碑の前に常夜灯が燃えている。

建物も素晴らしいのですが、なんといっても上からの眺めが最高です。階段を上ると、コロッセオからバチカンまで、街全体を見渡せる絶景が待っています。

ローマで無料で見られるもう一つの観光スポットがこれです。ここでも、敬意を表して、入場無料でも肩と膝が隠れる服装をしなければなりません。

真実の口

祖国の祭壇からテヴェレ川に向かって5分ほど歩くと、これまたローマの美しい観光地であるマルチェッロ劇場を通り過ぎます。そして、さらに2ブロックほど歩くと、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会に到着します。この教会では、「真実の口」を見ることができます。この古代の芸術品は、口を開けた巨大な顔を表しています。伝説によると、もしあなたが嘘つきで、この口に手を入れると、この像はあなたの手を噛んでしまうのだそうです。現在では、「真実の口」の中に手を入れて写真を撮る観光客で賑わう場所となっています。 

これもローマにある無料の観光スポットで、一見の価値があります。 

ミケランジェロのモーゼ

コロッセオから5分ほど歩くと、歴史あるサン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会があります。この教会では、神話によると、聖ペテロを幽閉するのに使われたアンティークの鎖を見ることができるかもしれません。しかし、この教会で注目すべきはそれだけではありません。

祭壇のすぐ横には、ミケランジェロのもうひとつの代表作である「モーゼの像」があります。1513年から1515年にかけて、ミケランジェロはローマ教皇ユリウス2世の墓のためにこの壮大な像を制作した。

この傑作は、観光客にあまり評価されていないにもかかわらず、今回も無料で見られるので、ぜひチェックしていただきたい。

結論

ローマでは、1週間以上かけて魅力的な旅をすることも簡単です。現代美術が好きな人も、古代の歴史が好きな人も、きっと気に入るものが見つかるはずです。豪華な建築物、食欲をそそる料理、そして温かく迎えてくれる街の人たちを楽しんでください。ローマでの休暇は、これらの必見スポットを見ずに過ぎてしまうことのないようにしましょう。

イタリアの旅のインスピレーションを、あなたの受信箱に直接お届けします。

週刊ニュースレターを購読して、イタリアの新しい観光地や旅のヒント、現地の人からのアドバイスなどをご覧ください。

Ready Set Italyからのメールを受け取るには、登録が必要です。

私たちを読む 個人情報保護方針

後日談