バチカン市国への行き方

バチカン市国に行きたいけど、どうしたらいいかわからない?今日は世界で一番小さな国、バチカン市国について知っておくべきことをお伝えします。...

バチカン市国に行きたいけど、どうしたらいいかわからない?今日は、世界で一番小さな国、バチカン市国について必要なことをすべてお伝えします。

バチカン市国とは? 

バチカン市国は、1929年に設立された独立国です。国家元首はローマ法王。ローマ市内のテベレ川の西岸に位置する。また、バチカン市国は世界で一番小さな国です。長さ856メートル(または946ヤード)、幅741メートル(または781ヤード)しかない。ニューヨークのセントラルパークは、その7倍もあるのだ。

バチカン市国への行き方

国土のほぼ全域が古代の城壁に囲まれている。 

バチカン市国は、郵便局、鉄道駅、ラジオ、そして独自の 銀行.総人口はわずか618人!バチカン市国は、独自の警察と軍隊(有名なスイスの衛兵)を持っています。 

バチカン市国の通貨はユーロです。公用語はイタリア語ですが、バチカン美術館では、すべてのサインが多言語で書かれています。

バチカン市国への行き方

バチカン市国に行くには ローマへ行く 第一にローマ市街からバチカン市国に行くにはいくつかの選択肢がありますが、まず第一は徒歩です。から歩くことができます。 パンテオン からバチカン市国までわずか20分。 より コロシアムバチカンまで歩いて45分です。 スペイン階段から、徒歩約30分。そして、トレビの泉から、やはり徒歩30分。

2つ目の方法は、地下鉄を利用する方法です。A線の場合、バチカン市国に最も近い地下鉄駅はOttaviano駅です。. そして、オッタヴィアーノ駅からは、バチカンまで徒歩10分です。テルミニ駅からは、オッタヴィアーノまで地下鉄で約20分。スペイン階段からは、オッタヴィアーノまで地下鉄で約17分。

ご希望であれば、バスを利用することも可能です。コロッセオからは81番のバスも出ており、バチカン市国まで約50分、テルミニ駅からは64番のバスが出ており、バチカン市国まで約40分で行くことができます。 

最後に、タクシーを利用する方法です。ラッシュアワーには渋滞があるので、時間がかかるかもしれません。 

バチカン市国で見られるものは?

バチカン市国では何が見られるの?まあ、国土のほとんどが非公開なんだけどね。

一般公開されているのは3つのエリアだけです。

  • サンピエトロ広場
  • サンピエトロ大聖堂
  • システィーナ礼拝堂やパウロ6世公会堂のあるバチカン美術館。

それ以外のエリアは、招待状や特別な許可証がないと入れないし、警備もされているので、自由に歩いて入ることはできません。

サンピエトロ広場

バチカン市国への行き方

バチカンのランドマークで最も有名なのは、サンピエトロ広場とサンピエトロ大聖堂です。広場では国境を越えて(実は下の写真のように片足をイタリアに、片足をバチカンに置いて有名な写真を撮ることができる)バシリカを見学することができます。

バチカン市国への行き方

バシリカは入場無料で、それだけを見学することもできます。また、最後の教皇の墓があるクリプト(バチカン洞窟)は無料です。宝物を見学したり、ドームの頂上に登ったりしたい場合は、チケットを購入する必要があります。

ドームに登るには、エレベータと320段の階段で10ユーロです。または、8ユーロを払えば、551段すべてを登ることができます。

宝物には、6ユーロのチケットが必要です。

宝物は、金や銀で作られた貴重な工芸品のコレクションで、そのほとんどが宝石でできています。

バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂

バチカン市国で一般公開されているバチカンのランドマークの2つ目は、バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂です。バチカン美術館は無料ではなく、入場券が必要です。

バチカン美術館は世界で最も有名な美術館の一つで、毎年何百万人もの観光客が訪れています。ですから、ご想像のとおり、本当に混雑しています!そのため、入場時の長蛇の列を避けるために、事前にチケットを購入することを強くお勧めします。

バチカン美術館の入り口は、バチカン市国の北側、Viale Vaticano(ヴァチカーノ通り)にあります。バチカン美術館の入口からチケット売り場まで、ほぼ同じ距離にある地下鉄の駅は、A線のOttavianoとCiproの2つです。 

美術館は巨大で、圧倒されることがあります。すべてを見ることはほとんど不可能です。このため、ガイド付きツアーに参加して、最も重要な分野を見学することをお勧めします。ひとつ知っておきたいのは、ミュージアムにはACがないので、真夏は本当に暑いということです。私は2016年にここを訪れ、あまりの暑さに気が遠くなったのを覚えています。今では、必ず水を持って旅行しています

そのため、早朝か夜間に訪問することをお勧めします。

システィーナ礼拝堂を訪れるには、バチカン美術館を経由する必要がありますが、礼拝堂の見学は同じチケットに含まれています。礼拝堂に到着したら、写真撮影が禁止されていることを忘れてはならない。また、礼拝堂は通常、ミケランジェロの傑作を鑑賞する観光客でいっぱいです。このため、内部での滞在時間はそれほど長くはありません。 

バチカン市国への行き方
システィーナ礼拝堂に入るリック

バチカン美術館からは、バチカン庭園を垣間見ることができます。この美しい庭園は一般公開されています。

ポール・ザ・シックス オーディエンス・ホール

バチカン市国で最後に訪れることができるのは、パウロ六世謁見ホールですが、これは教皇の謁見の時だけ見学することができます。ローマ法王が滞在している毎週水曜日に開催されます。 

サンピエトロ広場では、郵便局を訪れ、友人や家族にバチカンスタンプを押したハガキを送ることができます。 

また、ほぼ毎週日曜日の正午には、サンピエトロ広場の窓からローマ法王が祝福を行うんだ。ですから、ローマ法王を見たい方は、この機会にぜひどうぞ。

バチカン市国の観光に必要な時間は?

一般公開されているバチカンのランドマークをすべて見学するには、数時間必要です。まず、サンピエトロ寺院を訪れるには、金属探知機とセキュリティチェックを受けなければならず、そのための列は長くなることがあります。バシリカの中に入ったら、ミケランジェロのピエタやベルニーニの祭壇など、素晴らしい芸術品をすべて見るには、少なくとも1時間は必要でしょう。また、ドームに登りたい場合は、すべての階段を登るために、さらに1時間以上必要です。

バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂を見学するには、数時間必要です。まず最初に考えるべきは、チケットを事前に購入することです。入場時に購入することもできますが、そのための列はとてつもなく長く、並んでいるだけで1時間以上無駄にすることもあります。美術館に入ったら、少なくとも3時間から4時間の見学時間を計画しなければならない。 

もし、あなたが 来馬 を1日で回ると、バチカン美術館を見学する時間が足りなくなります。 

バチカン市国に行くのに必要なものは何ですか?

まず、バチカン市国に行くのにパスポートは必要ありません。バチカン市国に入国するための国境検査はありません。

サンピエトロ寺院を訪れるには、ドレスコードに配慮する必要があります。肩と膝が隠れる服装が義務付けられています。ですから、タンクトップやスケスケのショートパンツはNGです。また、セキュリティチェックと金属探知機を通過する必要があるので、特にピークシーズンには、これらのためにいくつかの非常に長い行を経験するかもしれません。 

バチカン市国を初めて訪れる方は、バシリカ、バチカン美術館、システィーナ礼拝堂のガイド付きツアーを検討されてはいかがでしょうか。そうすることで、名画をより深く理解することができます。また、ガイドが、あなたが見ているものの歴史について、すべて教えてくれるでしょう。

ローマ滞在中に、世界一小さな国、バチカン市国を訪れるきっかけになれば幸いです。

rsi-2260

イタリア旅行のヒントを直接お届けします。

購読して、現地の人たちから旅のヒントやアドバイスをもらいましょう。

後日談