秋のイタリア訪問 - 長所と短所

あなたは今まで秋にイタリアを訪問することを計画し、バケットリストを作ったが、あなたはそれが行くのに最適な時間であることを確認していない?今日、私たちはあなたを教えてくれます...

バケットリストを作ったことがありますか? 秋にイタリアを訪問予定しかし、あなたはそれがそうであることを確信していない。 行楽シーズン?今日は、そのすべてをお伝えします。 秋のイタリア訪問の長所と短所.

秋のイタリアは気候が良い

は周知のとおりです。 イタリアの夏は灼熱.実際、7月と8月には平均気温が40℃に達することもあり、ローマやフィレンツェなど一部の都市では湿度が高くなることもある。 

9月 ひゃくねんかせい 日中の平均気温が32度以上となるイタリア中部。夜もゆったりとしてきたが、これは秋が近づいていることを物語っている。

秋には、より多くの 快適温度.10月の日中は22〜23℃、夜間は16〜18℃まで下がります。そのため、街歩きも暑さを気にせず、快適に過ごすことができます。

秋のイタリアは混雑が少ない

秋はポルチーニ茸やトリュフ、新酒のワインを探すのに最適な季節です。イタリア中部のトリノやエトルリア遺跡を訪れ、古代文化に触れてみるのもよいでしょう。混雑の少ないオフシーズンにシチリア島を旅するのもよいでしょう。

イタリア全土で気温が異なる-シチリア島や南イタリアでは20度以上と比較的暖かいですが、アルプス山脈では10月に初雪が降ることもあります。秋のビーチバケーションを楽しむなら、南イタリアやサルデーニャ島がおすすめ。

気温は穏やかだが、まだ紅葉が始まっていないショルダーシーズン(10月、11月)。 イタリアで人出が少なくなる.このため、訪問 ベネチアローマフィレンツェ秋のイタリアは、ミラノをはじめ、どこもとても過ごしやすい季節です。美術館やアトラクションのチケットを、何十万人もの観光客と奪い合う必要はないのです。また 人気店での席取りが楽になる 秋になると美術館や博物館も観光客でごったがえしていないので、ゆっくり鑑賞することができます。

最後に、街歩きは人が少ない分、より楽しいものです。しかし、フィレンツェでどこに泊まるかまだ決めかねている方。 ここをクリック.

https://readysetitaly.com/how-to-prepare-for-a-trip-to-italy/

秋のイタリアは収穫祭が多い

秋の9月から10月にかけて、イタリアのあらゆる都市や田舎で、何らかのイベントが開催されます。 ほうねんさい.小さな町では、そのようなイベントを「サグラ」と呼び、地元の食べ物や飲み物を大量に提供するのが普通です。もし、あなたが 本場イタリアのライフスタイルを体験このサグレに行くことは、大きなチャンスになるでしょう。

サグラ

例えば、私たちは町からすぐの山の中で開催されたパルメザンチーズに関するサグラに行きました。パルメザンチーズを作る人たちがたくさんいて、あるスタンドでは、巨大なパルメザンチーズの車輪を手で開けている人を見ることができました。少し時間がかかりましたが、根気よく作業をしていました。考えてみれば、この車輪は2年以上閉じられていて、私たちはその最初の味を知ることができたのです。 

しかし、パルメザンチーズだけでなく、他の人たちもいろいろな食べ物やパスタを提供していましたし、何より完全に無料だったのです。面白いことに、私たちの住む地域には他にも2つのサグラがあり、いずれも同じようなことをやっていました。  

ブラチーズ・フェスティバル

ブラ・チーズ・フェスティバルは、世界中の最高のチーズを紹介する年に一度のイベントです。このフェスティバルには、毎年15万人近くの人々が訪れます。

ニューオリーブオイルフェスティバル

イタリアには、豊かな食の歴史を象徴するオリーブオイルを祝う街や村がたくさんあることで知られています。フェアやフェスティバルなどのイベントでは、音楽のライブ演奏やオリーブオイルやワインのテイスティングが行われることが多い。

ポテトフェスティバル

イタリア国内から90のレストランと40人のシェフが参加する年に一度のお祭りです。豊富な料理とワインで、評判の高いジャガイモの街を祝うためである。

ブラーノレガッタ

ブラーノレガッタは、ヒストリカルレガッタの再戦です。毎年9月の第3週に開催されるこのイベントでは、ライブミュージックや屋台が楽しめます。ブラーノのレストランでは、地元の魚をフライにしたり、ヴェネチアの伝統料理にちなんださまざまな調理法で提供されます。

ローマを味わう

テイスト・オブ・ローマは、ローマで最もエキサイティングで革新的なシェフたちの料理を祝う4日間のフードフェスティバルです。このフェスティバルはParco Della Musicaで開催され、限定料理、料理のデモンストレーション、エンターテイメントが楽しめます。

ボッカチェスカ・フード&ワイン・フェスティバル

トスカーナの小さな町、チェルタルド・アルトでは、毎年恒例の食とワインの祭典が開催されています。地元のシェフによる実演、ワインのテイスティング、中世の再現などが行われます。このフェスティバルは、700年以上前にチェルタルドで生まれた有名な詩人ジョヴァンニ・ボッカッチョを称えるものです。地元トスカーナの生産者のワインや、地元で作られた食品を楽しむことができます。

プリミ・デ・イタリア

プリミ・ディタリアは、毎年フォリーニョで開催される国民的なお祭りです。このフェアでは、パスタ、ポレンタ、米など、イタリアで初めて作られた料理を祝います。全国からシェフが集まり、初めて作られた新しい言葉を来場者に紹介します。

チョコレートフェスティバル

を忘れてはいけません。 イタリアで開催されるチョコレートフェスティバル!イタリアは、チョコレートが好きな人にはたまらない秋の季節。毎年、イタリア全土の都市でチョコレートフェスティバルが開催されます。 新しいフレーバーやユニークなフレーバーを試したり、ショコラティエに会ったり。 そして、この甘いお菓子の歴史について学ぶことができます。イタリアのチョコレートフェスティバルで数日過ごせば、きっと忘れられない体験になるはずです。

アルバ白トリュフフェスティバル

さて、幻のイタリア産白トリュフを体験したい方は、トリュフのお祭りもありますよ。秋になると、イタリア中部から北部にかけてトリュフフェアが開催されます。これらのイベント 白トリュフを謳歌する.そして、白トリュフを試すのに最適な時期は、10月中旬から12月中旬の間です。

キャンティワインフェスティバル

秋は、地元のワインに使うブドウを収穫する季節でもあります。キャンティでのワインづくりをチェックするなら、秋がおすすめです。

Expo Chianti Classicoは、イタリア・キャンティの美しい町グレーヴェで毎年開催されているイベントです。世界的に有名なワインがどのように造られているのか、直接見ることができるお祭りです。その特徴は 利き酒会 参加者は、この地域の最高のワインを試飲することができます。プログラムには、周辺の美しい田園地帯のガイドツアー、屋台、あらゆる年齢層が楽しめるコンサートなどが含まれます。

バルコラーナ・レガッタ

イタリア北東部で毎年開催される、全長15マイルの国際ヨットレース「ベネチア杯」には、世界中から多くの船が集まります。観客はトリエステの海沿いのプロムナードからレガッタを眺めながら、ライブ音楽、ワイン、食事を楽しむことができます。

コローニャ・ヴェネタ・マンドルラート・フェスティバル

ケルニア・ヴェネタはヴェローナ県にあり、質の高いクリスマスケーキの生産で有名で、その歴史は19世紀にまでさかのぼる。1840年頃、薬屋が発表したレシピに基づき、蜂蜜、砂糖、卵白にアーモンド粉を加えて作られる。レシピや製造時間、技術は長い間変わっていないが、ここ数十年、アーモンドケーキにさまざまな風味のソフトクリームが加えられている。

歴史ある街、ケルナ・ヴェネタでは、最も有名なお菓子であるマンドルラートを祝う「マンドルラート・フェスティバル」を開催しています。このイベントでは、ジャガイモやラディッキオなど、他の郷土料理も紹介されます。また、子どもから大人まで楽しめる工芸品や音楽、パフォーマンスも行われます。

アスティのバーニャカウダの日

バーニャカウダは、名前を直訳すると「熱いソース」となるピエモンテの料理です。脱塩して骨抜きにしたアンチョビとニンニクで作る、寒い時期の代表的な料理です。季節の生野菜や調理した野菜をいろいろとつけて食べます。

毎年10月にアスティで開催される「バーニャカウダの日」。2022年の11月と12月、25日から27日にかけて開催されるイベントです。今日も市街地の通りは、この特産品を楽しむ地元の人や観光客で賑わっています。しかし、このイベントはこの2日間だけでは終わらない。まるで、さまざまな場所にいる何千人もの人々が、一緒にその食事を食べているかのようなのだ。

ピッツォチェーロ・ドーロとウィークエンド・デル・グスト in テグリオ

ヴァルテリーナは、ロンバルディア州にあるソンドリオ県内に位置するイタリアアルプスの一地方です。山や自然、そしておいしい食べ物が好きな人にはたまらない場所です。代表的な料理は、そば粉を他の粉と混ぜて作るパスタの一種「ピッツォッケリ」。テージョはこの料理の発祥の地とされている。年末年始の週末には、ピッツォッケーロ協会の会員が作るピッツォッケーリなどの美味しい郷土料理を楽しむことができます。

秋のイタリア訪問の最後のプロは、美しい紅葉です。

をドライブする。 トスカーナの丘陵地帯の海岸にある。 ガルダ湖秋のコモ湖は、とても印象的です。木々の葉が色づき、その景色はより一層素晴らしいものとなります。

見るために イタリアの秋の紅葉、北イタリアを旅すると、山の風景と森林に覆われた渓谷の絶景が広がります。山では、松の木に似た白樺の木が、秋になると鮮やかな黄橙色に染まるのをよく見かけます。10月、11月は、自然が好きな人なら紅葉の撮影に最適な季節です。

さらに、場所を探すなら トスカーナでの滞在は、こちらの記事をご覧ください。

秋のイタリア訪問-利点と欠点

また、9月下旬の秋の始まりには、収穫を控えた濃い紫色のブドウの木が目に飛び込んできます。ブドウの収穫だけでなく、秋にトスカーナやウンブリアへ行けば、ワインのテイスティングのチャンスもたくさんあるのです。また、10月末から12月初めにかけては、オリーブの木に完熟したオリーブがたくさん実り、収穫の時期を迎えます。これらの光景は、秋にしか見ることができません。そして、オリーブの木の近くに行くと、フラントイオと呼ばれるオリーブオイルを作る場所が近くにある可能性が高いですワインメーカーと同じように、秋はオリーブオイルを作る季節です。

では、秋にイタリアに行くことの短所について考えてみよう。

短所その1。ビーチがない

地中海のビーチや海水浴を楽しむなら、秋はイタリアを訪れるのに理想的な時期ではありません。9月末から10月初旬にかけては、イタリアでは はかいれいにかえる特に南イタリアの場合、保証はできませんが。

例えば、イタリアで最も人気のある観光地の一つであるアマルフィ海岸を考えてみましょう。その理由は ドラマチックな海岸線、美しい町並み、おいしい食べ物 は、その理由のほんの一例です。10月はまだ暖かく晴天が続き、夏のピーク時に比べて人も少ないので、海岸を訪れるには絶好の時期です。

アマルフィ海岸では イタリアのビーチをご紹介します。だから、砂浜で一日のんびり過ごすのが一番。また、海はまだ泳げるほど暖かいこともありますが、イタリアのビーチシーズンは9月中旬までなので、賭けとなります。しかし、南イタリアに行けば行くほど、秋に暖かい気候に恵まれる可能性は高くなります。

次に、秋にイタリアを訪れる場合の欠点は、日が短くなることです。

秋には 日暮れて道遠しイタリアを訪れる予定があるのなら、これは詐欺かもしれません。実際、10月中旬ごろになると、午後7時ごろには暗くなる。そのため、ドライブ旅行を計画する場合は、日没が早くなることを覚えておく必要があります。都市部を訪れるのであれば、それほど問題はないでしょう。イタリアの町の中には、夜になるとさらに魅力が増すところがあります。例えば、夜のベネチアはとても美しいです。また、チンクエ・テッレのマナローラで見る夕焼けはとても幻想的です。

秋の天候は予測不可能です。

秋にイタリアを訪れる場合、特に10月から11月までの滞在を考えている場合、欠点のひとつは 天気次第.特に10月末から11月初めにかけては、雨に見舞われることも珍しくありません。また、北部の一部の地域では、晩秋に霧が発生することがよくあります。秋にアルプスを訪れることを考えると、気温が低く、荒天に見舞われる可能性があります。秋にアルプスを訪れることを考えると、気温が低く、荒天に見舞われる可能性があるので、理想的な時期とは言えません。南イタリアでは、秋はもう少し天候が安定し、太陽が出ているときは気温が非常に穏やかになります。 

10月にチンクエ・テッレを訪れると、ハイキングに最適な好天に恵まれるかもしれません。あるいは、朝起きたら荒れ模様の空で、曇り空でも暖かい焚き火とワインが魅力的だと思うかもしれません。

秋はクルージングの機会が減るので

秋の地中海クルーズをご計画の方は クルーズラインが少なくなる を現地で実施。など、ヨーロッパのクルーズ会社が数社 コスタ やMSCは年間を通じて地中海を周遊しています。他のすべてのクルーズ会社は、10月中旬から下旬にかけてカリブ海のほとんどの船を移動させるため、選択肢が少なくなってしまいます。秋のクルーズに参加したいのであれば、10月末までに参加するのがベストです。一方。 秋のメッドクルーズが安い

秋にイタリアに行くことの長所は短所をはるかに上回りますし ぜひ、秋にご検討ください。 次の旅行のために。いつものように、何か質問があれば、遠慮なく下にコメントを残してください。私たちは喜んでお答えします。 

じゃね

rsi-2102

イタリア旅行のヒントを直接お届けします。

購読して、現地の人たちから旅のヒントやアドバイスをもらいましょう。

後日談