イタリアでの滞在先

イタリア・ドロミテの滞在先

RICK AND ANDREA AND THE TRE CIME DI LAVAREDO(リックとアンドレアとトレ・チーメ・ディ・ラバレード

ドロミテは、イタリア北東部に位置する山々です。地域と呼ぶこともできる。石灰岩とドロマイト岩で構成されており、そのため特徴的な外観をしています。ドロミテは人気のある観光地で、アンドレアと私はいつも冬になるとそこを訪れます。スキーヤー、ハイカー、... 続きを読む

ソレントでの滞在先 イタリア

ソレント・イタリア

南イタリアのアマルフィ海岸の玄関口であるソレントは、美しくリラックスしたイタリアの休日を過ごしたい人に人気の観光地です。ソレントには、海沿いの豪華なホテルから、町の中心部にある伝統的なベッド&ブレックファストまで、さまざまな宿泊オプションがあります。ソレントは、そのような旅行先のひとつです。 続きを読む

トスカーナでの滞在先

ルッカはトスカーナで言うべき素晴らしい場所です。

トスカーナ州は、素晴らしい自然、素晴らしい芸術、優れた文化、美味しい料理があるイタリア中央部の地域です。しかし、これらはイタリアのこの地域を魅力的にしているほんの一部の特徴に過ぎません。トスカーナの多くの地域は、ユネスコの世界遺産に登録されています。そのため、トスカーナ州は世界遺産に登録されている地域が多く、特に、ヴェルサイユ宮殿のような個人の邸宅がある地域は、驚くには値しない。 続きを読む

イタリア・ブレーシャ。訪れる前に読んでおきたい旅行ガイド

イタリア・ブレーシャの男の像

ブレーシャは、イタリアのロンバルディア州にある都市です。ローマ時代のカピトリーネ寺院、ロッジア広場(町の広場)、ドゥオーモ(大聖堂)などが有名です。また、ブレーシャには多くの公園や庭園があり、レストランやカフェで食事や飲み物を楽しむことができます。この街には豊かな歴史があります ... 続きを読む

イタリア・シエナでの滞在先

昼間の茶色と灰色のコンクリート建築物

シエナを訪れ、どこに泊まろうか迷っていますか?シエナはトスカーナで最も有名な中世の町の一つで、この地方を探索する際の滞在先として最適です。フィレンツェよりも静かで混雑しておらず、魅力的な中世の建物が立ち並び、多くの観光客に愛されています。シエナには17の地区があり、それぞれの地区はイタリア語で「コントラーデ(Contrade)」と呼ばれ、街の名前にちなんで名づけられました。 続きを読む

イタリア・フィレンツェの滞在先

フィレンツェ イタリア

ルネッサンス発祥の地」とも呼ばれるフィレンツェは、トスカーナ州の州都です。フィレンツェには、シニョーラ広場、ウフィツィ美術館、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂などの歴史的な名所があります。フィレンツェは、イタリアで最も人気のある観光地のひとつです。ローマとは異なり、コンパクトで歩いてすぐのところに ... 続きを読む

イタリア・ミラノでの滞在先

ミラノのドゥオーモ

ミラノの中心部は徒歩で簡単に移動できます。しかし、他の大都市と同様、ミラノもその中心部(ミラノ中心部)以外にも多くの見どころがあります。ミラノには9つの行政区があり、それぞれがユニークな魅力を放っています。イタリアの工業の中心地であるだけでなく、ファッションの中心地でもあり、活発な学生街もいくつかあります。つまり、ミラノの街には ... 続きを読む

イタリア・チンクエテッレの滞在先

チンクエテッレの白と青の船

イタリア旅行を計画中で、チンクエテッレのどこに泊まろうか迷っていますか?おそらく、フィレンツェ、ローマ、ミラノに滞在されるのでしょう。チンクエ・テッレは、イタリア・リビエラの海岸線に広がる5つの美しい漁村のことです。5つの村には共通点が多くありますが、どの町にも曲がりくねった歩行者専用道路があります。 続きを読む

イタリア・ラ・スペツィアでの滞在先ガイド

水上ビル

ラ・スペツィアは、北イタリアのリグーリア州南部にある、魅力的で古い歴史を持つ小さな町です。ラ・スペツィアは、チンクエ・テッレに滞在したい方にもお勧めの町です。また、イタリアで最も絵に描いたような美しい自然が残るチンクエ・テッレ国立公園への主要な入り口としての役割も担っています。観光客は ... 続きを読む

イタリア・ナポリの滞在先

ナポリ イタリア

ナポリは、本物のイタリアを体験したいなら、ぜひとも訪れたい場所です。しかし、地元の人を知らない限り、宿泊先を見つけるのは容易ではありません。この活気ある街には、おいしい屋台料理、古い歴史、そして独特の精神があふれています。紀元前6世紀に建設されたナポリは、様々な歴史を経て、現在に至っています。 続きを読む

イタリア旅行のヒントを直接お届けします。

購読して、現地の人たちから旅のヒントやアドバイスをもらいましょう。

後日談